Miyakoshi LaboratorTop > Study & Research > 平成22年度

Study & Research

卒業制作・論文(平成22年度)

江口 久美子:片付けを楽にする収納器具の制作

部屋を片付けることを情報学の観点から見直し、それに従った収納器具を提案。

片付けを楽にする収納器具の制作 片付けを楽にする収納器具の制作 片付けを楽にする収納器具の制作 片付けを楽にする収納器具の制作 片付けを楽にする収納器具の制作 副資料(PDF形式:676KB)

小山内 美里:利き手に合わせて使える文房具の制作 (平成22年度優秀作品賞)

左利きの作業環境を社会システム、認知科学、肉体的特徴の点から見直し、道具を変えることで利き手に依らない文房具を提案。

利き手に合わせて使える文房具の制作 利き手に合わせて使える文房具の制作 利き手に合わせて使える文房具の制作 利き手に合わせて使える文房具の制作 利き手に合わせて使える文房具の制作 副資料(PDF形式:606KB)

辻村 聖奈:手で触って遊ぶことで癒しを得られる照明器具の制作

照明器具の光り方を変えることで遊びの要素を取り入れた、新しい照明器具の提案。

手で触って遊ぶことで癒しを得られる照明器具の制作 手で触って遊ぶことで癒しを得られる照明器具の制作 手で触って遊ぶことで癒しを得られる照明器具の制作 手で触って遊ぶことで癒しを得られる照明器具の制作 手で触って遊ぶことで癒しを得られる照明器具の制作 副資料(PDF形式:1.1MB)

保坂 順平:可視化で感じる、時間の長さ

感覚的な時間の感じ方を、自らの行為の満足度という形で可視化するシステムの提案。

可視化で感じる、時間の長さ 可視化で感じる、時間の長さ 可視化で感じる、時間の長さ 可視化で感じる、時間の長さ 可視化で感じる、時間の長さ 可視化で感じる、時間の長さ

副資料(PDF形式:1.2MB)

"Study & Research"に戻る