Miyakoshi LaboratoryTop > Study & Research > 研究室の学習の進め方

Study & Research

研究室の学習の進め方

  1. テーマを決める
  2. 当研究室では、学生にテーマを与えません。自ら見つけたテーマでなければ、本当の意味での問題意識が無いからです。

  3. 観察する
  4. テーマを決め、単純にものを作るだけでは、意味のあるデザインは出来ません。まずはテーマについて先入観を持たずに観察することが必要です。フィールドワークなどにより先入観をもたずに観察することで、テーマの状況を客観的に捉えます。

  5. テーマを構造化する
  6. 観察した事実だけでは、問題を解決するデザインは出来ません。KJ法などを使ってテーマの構造を分析し、問題の真の姿を見つけます。

  7. アイデアを出す
  8. 問題の真の姿を見つけたら、それを解決するアイデアを考えます。この時、常識や今まであるデザインに左右されないよう、常に問題の真の姿を意識しなければなりません。

  9. 試作する
  10. 考えついたアイデアが、必ずしも問題を解決するとは限りません。場合によってはさらに問題を引き起こすことも考えられます。アイデアは必ず試作し、デザインの効果を確かめなければなりません。試作には模型やCADを使い、多角的に考えることが必要です。

  11. 改良する
  12. 試作することで明らかになったデザインの問題点は必ず改良しなければなりません。これにより、デザインの質を上げてゆきます。

  13. 完成させる
  14. 試作と改良を繰り返し、問題点をなくすことでデザインは完成します。完成までには相当回の試作と改良を繰り返さなければなりません。

研究室の学習のスタイル